占星術で愛情問題を知るには金星が大切です

星占いとして親しまれている占星術ですが、実際には、10個の天体、12ハウス、12サインを用いて占います。
その中で恋愛問題を知りたい時には、金星が重要な役割を果たします。
生まれた時の出生図の中で、金星がどのサインにあるかを知り、恋愛傾向をみます。
金星が火のサイン(牡羊、獅子、射手)の方は情熱的で積極的、風のサイン(双子、天秤、水瓶)の方はさっぱりしていて、友達のような恋愛になりやすく、水のサイン(蟹、蠍、魚)の方は何よりも気持ちを大切にし一途、地のサイン(牡牛、乙女、山羊)の方は現実的で若干損得勘定を重視するところがあります。

また、他の天体との角度もみましょう。
金星と海王星が60度や120度の人はロマンチストです。
ムードのある演出が好きな傾向にあります。
逆に金星と海王星が90度や180度の人は、恋愛にハマリやすくのめり込みすぎる傾向があります。
流されやすい傾向もあるので、好きでもない方に言い寄られた場合、断りづらいでしょう。

金星と火星の60度や120度は人気運になりますので、モテるでしょう。
逆に90度や180度をお持ちの方は、熱しやすい性格で即行動にうつしやすいので、少し冷静に相手を見る時間が必要になります。
角度によらず、金星と他天体が多くの角度を成している方は、良い悪いに限らず、恋愛遍歴が多いか、ご自身の気が多い傾向にあります。
このように金星が他の天体と織り成す角度によって、本人の恋愛傾向がわかります。
気になる相手の恋愛傾向を知りたい方は、何を大切にし、どのような恋愛関係を築きやすいかを金星によって判断しましょう。