火星で好きなタイプの男性を知る

占星術において、火星は行動力や健康運を見る時に用います。
それ以外では男性的なイメージから、女性の出生図において、好きな男性のタイプを表すと言われています。
ここでいう好きなタイプはあくまで恋人であり、結婚相手を示す場合は、太陽と7ハウスになりますので、ご注意ください。

火星が牡羊の人は、何事にも積極的で好奇心旺盛、いつも元気で裏表がない方に惹かれる傾向があります。
牡牛の人は、何事にも穏やかでマイペースな人に心惹かれます。
双子の人は情報通で忙しく動き回っている人を好み、蟹の人は、まるで母親のような寛大な心を持ちながらも、たまに見せるか弱い一面に惹かれる傾向にあります。
太陽サインと火星サインが90度や180度など全然違うサイン同士の場合は、本来の性質と気になるタイプが違いすぎて、葛藤が起こりやすくなるでしょう。
付き合ってみて初めて、違いすぎる事に気づくこともあるでしょう。
ですが、だからといってダメなのではなく、努力は必要になりますが、葛藤や努力を繰り返しながら相手を理解できるようにしていくことになります。

火星は自分自身の行動を見る時にも用いますので、あまりにもアスペクトが多い人は、衝動的であったり、トラブルが生じやすかったりする傾向があります。
ですから、何か行動を起こす際には、一呼吸おくなりワンクッション入れることをオススメします。