愛情表現は5ハウスで読む

自分自身の愛情表現を見る際重要になるのが5ハウスです。
5ハウスは、自分を表現する場所、ドキドキする場所になります。
ですから、好きな人ができた時に、どのような愛情表現をするのかを占いたい時に用います。
ですが、ハウスを求める際には出生時間が必要になりますので、わからない方は占えませんので、ご注意ください。

まずは、5ハウスの始まりが何のサインになっているかをみましょう。
そのサインがあなたの愛情表現の仕方になります。牡羊なら積極的にどんどんアピールするでしょう。
蟹ならば、母性本能があるので、寛大な心で相手と接するでしょう。
蠍は、狙った相手は逃がさないタイプ。このように12サインによって表現方法が異なります。
途中からサインが変わっている場合は、年齢を重ねるにつれ、後からでてきたサインのような愛情表現になると占います。
また、5ハウスにどの天体が入っているかによって、意味も違ってきます。
が入っていると、急に告白する人もいるでしょう。
火星が入っていれば、衝動的にガンガンに攻めるでしょう。
ハウスの中に天体が3つ以上入っている事を、オーバーロードといい、その人の人生の中で、そのハウスが重要なものになります。
なので、5ハウスがオーバーロードの人は人生において、恋愛を含めて、自分を表現することが強調される人生になりやすいです。
恋愛傾向を表す金星と、愛情表現を表す5ハウスを合わせることで、恋愛に対してのいろんな問題が判断できます。
ですが、結婚を占いたい場合は、自己表現とは異なりますので、パートナー問題を扱う7ハウスを見る必要がでてきます。